優勝カップやトロフィー修理について

お客様が長年愛用されているトロフィーや大会で代々使われている持ち回りの優勝カップが破損した場合に買い替えの他に修理してお使いいただけるように修理、リペアーサービスを承っております。修理の多くは優勝カップお椀部分両サイドについている耳の部分の破損や地震で落下した場合のトロフィー上部についている人形の破損です。これらは破損内容によりますが修理やパーツ交換で対応が可能です。破損した箇所の修理のみのご注文から長年使われた劣化箇所の修復などできる限りの対応をさせていただいておりますので、買い替えをご検討される前に一度ご相談くださいませ。

よくある優勝カップの修理

修理画像1
優勝カップの破損の多くは画像のように耳の部分の破損です。その原因の多くは持ち上げるときに耳の部分を持って持ち上げてしまうこと、そして取り扱い中の不意による落下での破損が殆どです。破損箇所や症状によりますが取れた耳部分の溶接修理が可能です。賞杯自体を買い換えるより低コストで修復が可能ですが一般的な修復は溶接による取り付けのみが基本です。溶接は高温で炙りますので溶接箇所やその付近が焼けたような仕上りになる場合がございますが修理の多くはこの取り付けのみでご満足いただいているようです。しかし、見た目も重視されるお客様にはその後の表面のメッキ直しの加工も承っておりますが単独でのメッキ直しの料金が非常に高額の為、買い替えと同様のコストが発生してしまう場合がございますのでご了承ください。(→弊社の優勝カップ販売一覧はこちら

修理可能と不可能な破損状況

下記は修理可能・不可能な症状をまとめてみました。下記の画像を元にご判断いただければと思います。

  • 修理可能画像1
    画像を拡大する
    真鍮製で上記画像のように耳部分がねもとからきれいに取れた場合のみ溶接が可能です。通常は溶接のみで直しますが溶接箇所が焼けて変色する場合がございますのでその場合はご了承ください。
  • 修理可否画像2
    画像を拡大する
    上記画像のようにヒビ割れしている場合は優勝カップ本体の材質が「アンチモニー」製の可能性が高い為溶接ができません。その理由は溶接するために加熱し上昇する温度と優勝カップ本体の溶ける温度が近いことで修理不可とさせていただきます。
  • 修理可否画像3
    画像を拡大する
    ヒビ割れと同様欠けている場合も溶接、修理不可能になりますのでその場合、同じ品物がご用意できれば本体のみのパーツ交換で最小限のコストでご提示させていただきます。
  • 修理可否画像4
    画像を拡大する
    トロフィーの破損で一番多い人形の破損になります。こちらは人形のみの交換で対応が可能になりますがお客様のトロフィーについている人形の形と若干異なる場合がございますのでご了承ください。(トロフィーの人形一覧はこちら

優勝カップ素材の見分け方

優勝カップの破損において修理できるかをお客様でご判断いただけます。下記説明を参考にしてください。

修理見分け

優勝カップで修理可能な素材は真鍮製になります。アンチモニー製は溶接温度と素材の溶ける温度が近い為修理不可とさせていただいておりますが、その判断基準として左記画像にあるように耳の付け根部分を結ぶ縦のラインにつなぎ目のような線が入っているものがございます。こちらの線が見られる優勝カップはアンチモニーで作られておりますので修理は困難になります。

修理をご希望されるお客様へ。

当ページでご紹介させていただいている通り修理可能・不可能のご判断をいただくために画像等をご紹介させていただいておりますが 国産、海外生産品等無数にある商品に当てはまらない場合がございます。一度お送りいただき弊社に到着した商品が修理不能でご返却させていただく場合は 誠に申し訳ございませんが着払いにてのご返却になりますのでご了承ください。
お客様でご判断いただけない場合は・・・

  • まずはお電話いただき状況をお伝えください。
  • 破損箇所の画像を数枚メールにてお送りください。

【修理品のお送り先】お送り頂く際は一度ご連絡してください。

331-0804
さいたま市北区土呂町2-77-5
株式会社東京工芸舎宛

お送りいただく修理品の中にお客様のお名前、ご住所、お電話番号、修理箇所や修理内容を記載したメモを必ず同梱してください。

お気軽にお問い合わせください。03-3711-9440受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ