持ち回り用優勝カップトップ画像 歴代の勝利者や優勝者を渡り歩く歴史を刻む優勝カップは材質や形状が重要になってきます。歴代の勝利者の名前を残す方法は2通り。土台に金属プレート増やし名前を彫刻してゆく方法、そして紅白のペナントリボンで名前を増やす方法ですが、金属プレートは木製土台、そしてペナントリボンは本体の耳部分に取り付けるためこの条件を満たす素材や形状が重要になってきます。そこで持ち回り向けの優勝カップをご紹介させていただきます。

商品一覧

持ち回り用紅白ペナントリボンの印刷、刺繍加工のページ プレート名盤の印刷、彫刻作成

紅白ペナントリボンを活用する

紅白ペナントリボン 優勝カップを持ち回りにする場合、プレートへの刻印はできる商品とできない商品がございますが、紅白ペナントリボンを使えばほとんどの優勝カップを持ち回りにすることができます。加工なしから、低価格でできる印刷加工まで1本からご注文いただけます。是非ご検討ください。 販売ページ→紅白ペナントリボンの印刷加工・刺繍・単品販売。優勝旗やトロフィーに

ロゴを入れたプレートを希望されるお客様へ

印刷プレート画像 こちらの商品は通常土台に付いているプレートに機械彫刻にて文字を刻みますがご希望がございましたらフルカラーでのプレートやレーザー彫刻でおしゃれなデザインにできるプレートをご注文いただけます(オプション料金)イベントのロゴや学校の校章、カラフルな模様などアルミや真鍮、アクリル素材を使い作製させていただきますので「1枚から作製可能!彫刻や印刷でおしゃれな金属プレートを作製します」をご確認ください。

優勝カップのお手入れ方法

優勝カップの材質は樹脂製、アンチモニー、亜鉛製、真鍮製がほとんどです(海外製は不明)いずれも表面に銀色のメッキが施されており本体表面の光沢を出しております。カップを飾っておくと空気中のホコリなどがたまり汚れてきますので定期的に空拭きすると光沢が長持ちします。また、授賞式などで色々な人が触った場合は油分や汗などの汚れが多く付着しますので授賞式が終わった時、箱にしまう時にクリーニング(空拭き)してからしまうと劣化しにくく永く綺麗な状態を保つことができます。