機械彫刻とは

機械彫刻とは彫刻機のカッター(針)を回転させながら彫刻していく方法で真鍮製やアルミ製のプレート彫刻に用いられます。弊社代表的な商品はスタンダードトロフィーです。
彫刻出来る素材はアルミ、真鍮、アクリルへの彫刻が可能で彫刻部分に凹ができます。
彫刻書体は彫刻機のカッター(針)を回転させながら彫刻していくため丸ゴシックが基本となります。その他の書体は「優勝」などに使われる袋文字(二重線彫)等がございます。 また、システム上の都合の為、彫刻前にプレートへの文字レイアウトをご確認いただくことができませんのですべてレイアウトは弊社お任せになります。

レーザー彫刻機とは

彫刻方法(レーザー彫刻)についての説明

レーザー彫刻とはレーザー光線を照射しメディア(材料)に当て照射する時間とパワーの強弱で陰影を強くしたり深さを変えたりできる彫刻機になります。加工できる素材は木材、MDF(圧縮材)、アクリル、ガラス、布地、紙、金属など、様々な材料に加工することが可能です。彫刻加工の為、彫刻した文字が経年劣化でなくなることやかすれることは無くトロフィーや表彰楯の加工方法として大変喜ばれております。

サンドブラスト彫刻機とは

サンドブラスト彫刻は細かい砂を彫刻したい個所にコンプレッサーを用いて飛ばし当て掘りこむ彫刻方法です。主にクリスタルトロフィーに使われる彫刻方法ですが、最近では、天然石素材を使った商品への加工もさせていただいております。サンドブラスト彫刻を施した個所に色を入れることも可能で天然石などは彫刻箇所が見づらくなるので色入れを施します

2Dレーザー彫刻加工とは

通常、クリスタル素材へはサンドブラスト加工が主流ですが、本体内部に焦点を合わせ本体内部に彫刻する2Dレーザー彫刻加工ではサンドブラスト加工より細かい文字が彫刻が可能ですがトロフィー表面に凹凸ができませんのでご了承ください。(2Dレーザー彫刻で加工するクリスタルトロフィーはこちら

エッチング(腐食)加工とは

表彰楯や認定証、会員証を作成する際、木製盾の表面に張り付けるプレートの加工方法で最も高級な仕上げになります。表面に凹凸を付け凹部分に色入れをしデザインを表現いたします。凹凸で表現するため高級感がございますが作成する際の制限や注意点などがございます。詳しくは・・・表彰楯、認定証などに使われる真鍮エッチングプレート特徴の説明をご参照ください。

レジスト加工とは

文字やロゴマークを凹凸で表現し密着性にすぐれ一部の色(白・グレー系)を除き着色も自由にできます。(但し特色・指定色は不可)金属名盤の中では一番安価です。少量のご注文にも対応出来ますが、色数が多くなると価格が上がる場合がございます。ご注文数が多い場合には価格が下がる場合もございます。(デザイン内容による)

ダイレクトプリント加工とは

素材に対し直接印刷する「ダイレクトプリント方式」のため、質感を損なわず金属やガラス特有の高級感や重厚感を保てます。そして本来必要である「色数分の版代」や「色分解」にかかる費用が不要な為、少ない数量からの制作及び個人名や社名などの差換えも可能になりました。商品や加工方法などによっては作成時に毎回固定費用が発生する場合もございます。