表彰記念品の継続と変更、一般的な傾向と効果を解説!


表彰記念品の継続と変更、一般的な傾向と効果を解説!表彰記念品の継続と変更 一般的な傾向と効果を 解説!表彰する時期は内容により様々です。例えば単発のイベントでは一度きりの表彰で終わってしまいすが年間の営業表彰は毎年同じ時期に表彰を行いますし社内、社外問わず上下半期では2回表彰記念品使う事になります。その表彰式にお使いになる記念品を選ぶ際に毎回同じにするのかそれとも毎回変えるのか迷いますね。今回は継続か切替えるのか一般的な傾向をご説明しその効果を解説させていただきたいと思います。

[サイト内関連ページ]表彰楯や認定証楯、会員証を安心格安でデザイン作成販売

単発のイベントで選ばれるものは?

単発のイベントなどでの表彰で選ばれる商品の傾向はやはり人気の商品が目立ちます。弊社で人気の商品は「デザイン性抜群。アクリルトロフィーの作成販売」や「大幅値下げで激安!人気クリスタルトロフィーがオリジナルデザインで作製販売」が多く短納期に対応出来る、デザイン性が高い、年齢層に関係なく好まれるデザインが理由です。そしてイベントのロゴもしっかりレイアウト出来るのも重要です。

毎回記念品を変えるメリット

毎回記念品を変えるお客様もやはりいらっしゃいます。お客様のお考えとしては

  1. マンネリの防止
  2. 毎回変更する事で期待や楽しみを与えたい
  3. 前回と同じ受賞者に渡しても新鮮な印象を与える事が出来る

などです。
1番目のマンネリ防止は単に毎回同じ物で飽きると言う事だけではなく毎回同じ受賞者になる傾向がある表彰の場合にお客様が感じられるようです。当然いくら期間が違うといえども毎回同じ商品だとモチベーションを上げる効果が半減してしまうような気もします。
毎回変更する事で期待や楽しみを与える効果は非常に高く受賞者からの期待も厚く感じられるかもしれません。これは表彰にとってとても重要な事かもしれませんし毎回新鮮な気持ちで授賞式を迎える事は大切な事だと思います。

毎回同じ記念品を使うメリット

弊社にご注文いただくお客様のほとんどは毎回もしくは毎年同じ商品をお使いいただいております。その理由としては

  1. 毎回同じ記念品を使う事で表彰に対しての印象を植え付ける
  2. 受賞者が飾る時に同じ記念品だと並べ易くとても映える
  3. アイテムを選ぶ時間、準備時間などの短縮
  4. 毎回変えると何の表彰か分からなくなる

有名なAWARDやイベントなども毎回同じトロフィーを使っている場合が多くやはり表彰やイベントのイメージを植え付ける為に同じ物を使われるようです。当然同じ記念品を使う事で一目で何の表彰かが分かるのはとても良い事だと思います。
また、受賞者の中には個人様、法人様両方考えられます。特に法人で受賞される場合はその記念品でお客様にアピールする事も考えられますので当然目立つ所に飾ります。その時に毎回違う記念品だったらどうでしょう?飾りにくいですよね。その為同じ記念品が好まれる訳です。
次に、アイテム(記念品)選ぶ際の時間や準備期間を考えるとどうでしょうか?やはり新しい物を選ぶ場合はそれなりに時間がかかります。アイテムの選定からデザインレイアウトの決定には非常に時間と労力を必要としますのでその時間が短縮されるのはとても重要かと思います。

結局どっちがいいの??

継続するか変更するかはどちらが良いとは一概に言えませんが多くのお客様は毎回同じ記念品を選ばれていますので基本は同じ記念品でご検討されるのが良いかもしれません。ただし、上記で述べたように受賞者が毎回同じ方が続く場合には変更を考えると良いかもしれません。そして変更では無く何回目かの区切りの表彰やプレミアムな場合に違うアイテムにしたりイメージを変えた記念品をお選びするのが効果があるかもしれません。表彰のイメージを崩さず、受賞者を飽きさせず、そしてたまには新鮮な印象を与えるような選び方がおすすめです。
[参考になるページ]授賞式が盛り上がるワンランク上のトロフィーとは?

関連記事もご覧ください

    None Found


カテゴリー: 表彰楯(盾)-関連情報, トロフィー-関連情報 パーマリンク