表彰文、認定証文の殿と様の使い方


表彰文、認定証文の殿と様の使い方表彰文、認定証文の殿と様の使い方

表彰盾や認定証、会員証を作成する際にデザインやレイアウトなど相手に失礼が無いようにまた、受賞内容にあった雰囲気を出す為に様々な部分に気を使いますが、文章内容を決める際にどうしても敬称(殿や様)の使い方選び方で迷います。どのような場合に「殿」を使いどのような場合に「様」を使ったらよいのか?今回はこの敬称についてご説明させていただきます。

前回までの表彰文に関する記事

受賞者名の敬称、殿と様の使い分け

受賞者の敬称は「殿」もしくは「様」をつけるのが通常です。一昔前までは敬称をつけない場合もあったようですが、弊社で作成させていただいている表彰盾や認定証盾へは必ずつけております。そこでよくお客様からの問い合わせで多いのが「殿」と「様」の使い分けです。最近では殿を多く使うケースが多くはなったものの使い方を間違えると相手に対して失礼に当たりますので下記にご説明させていただきます。

  • 「殿」は目上から目下に向けて使われます。
  • 「様」は目上を含め万能に使えます
  • 公共機関(市役所、区役所など)では「様」使うケースが増えております。

一般的に表彰とは目上の人から目下の人へ行うものですので「殿」が目立ちますが、感謝状などでは目上の会社や人に対してお渡しする場面もございますので「様」を敬称として使うことも少なくありません。目上に対してなのか?それとも目下に対してなのかをよく考え選ばれるとよいでしょう。

社内表彰では社長様や支社長様など高い役職の方からの表彰になりますので「殿」を使われることが多いのがわかります。

敬称に対して主文の書き出しに注意します。

受賞者への敬称が決まっても安心してはいけません。なぜなら、敬称に対して主文の書き出しが違うからです。例えば、敬称で「様」をつけているのに主文の文頭が「貴殿」ではおかしいのでこの場合は「あなたは・・・」などの書き出しにします。主文の文頭は受賞者が個人なのか?それとも組織なのか?自社の営業所なのか支店なのかによって変わってきますので注意しなければならないところです。

  • 「様」の場合は「あなたは・・・」で始める場合が多い
  • 支社宛の文頭は貴支社・営業所宛の場合は貴営業所にする
  • 貴殿は女性に使っても問題ありません。
  • 貴方(あなた)はひらがなで「あなたは」とすることが多い

カテゴリー: 文章・デザイン パーマリンク