感謝の気持ちを伝える退職記念の表彰楯とは


感謝の気持ちを伝える退職記念の表彰楯とは

感謝の気持ちを伝える退職記念の表彰楯とは長い間会社に貢献し指導をしていただいた先輩が退職をされる時、皆さんはどうしてますか?様々な思い出がある職場を離れるのは寂しいものですが、会社を辞め第二の人生スタートとなる退職は本人にとってとても大きな転機です。そんな時に職場の仲間から記念品を貰えるととても良い思い出になります。

その大事な記念品を表彰楯という形でお渡しする退職記念品はどのようなものを選びどのような文字を贈ればよいのでしょうか?
営業表彰や永年勤続表彰と違い勤めた会社で最後に貰える表彰楯を考えてみましょう。

会社から贈るのか?それとも同僚から贈るのかを考える

永年努めて得た経験や知識を持った人は会社にとって大きな財産で会社にとても貢献されたと思います。通常会社からは退職金としてお金が支払われますがそれだけでは寂しい気がします。会社から退職記念という事で今までの感謝の気持ちを込めて表彰楯をお渡ししてみてはいががでしょうか?退職とは会社員最後の大きな節目になり勤続年数をお祝いする永年勤続表彰に近いものがありますが勤続記念の締めくくりという事で考えてみると良いと思いますので「年勤続表彰にお選びいただいている楯のご紹介」でご紹介させていただいている記事を参考にしてみてください。

そして同僚からお祝いをする場合、会社からのお祝いと違い同じ部署で働いて色々な苦労を共にしてきたことやトラブルを乗り越えた事、困った時に助けていただいた事など同僚は先輩に対し様々な思い出がありますので退職者に対しその思い出の言葉を記念の表彰楯としてお渡しするのが喜ばれると思います。堅苦しい言葉では無く後輩からの気持ちのこもった言葉を残すのがおすすめです。

使える記念品なのか?それとも飾れる記念品なのか?

一言で退職の記念品と言っても色々な物が考えられます。お酒が好きな方でしたら大好きなお酒をお渡しするのもよいプレゼントですし、女性の方なら奇麗な豪華なお花をお渡しするのも素敵ですね。その贈り物に合わせて後輩からの手紙を渡されればとても喜ばれると思います。しかしお酒は飲んでしまえば無くなってしまいますし、お花は時間がたてば枯れてしまいます。なんだか寂しくなりませんか?いつまでも大事に出来いつでも昔の事を思い出させてくれるのはやはり飾れる記念品です。

それではどのような物が無理無く飾っていただけるのでしょうか?それは、邪魔にならないもの、家具やインテリアに馴染むもの、おしゃれな物になると思います。最近では賞状のような額に入れないと飾れない物では無く壁掛けに出来たり卓上スタンドが付いたおしゃれな表彰楯がたくさんありますので是非ご覧ください。

どんな言葉を贈ればよいのか?どんな表彰楯にすればよいのか?

それでは退職記念の記念品を作製する際、どんな言葉を贈ればよいのかを考えてみましょう。通常の社内表彰や永年勤続表彰などで使われる表彰文のような内容でよいと思いますが、同僚から贈る場合、在勤中の出来事や迷惑を掛けた事、楽しかった事を文字にするのがよいかもしれません。退職者が大きな仕事を成功させた功績や会社に貢献した内容を決め表彰楯にするのがおすすめです。同僚から贈る場合、堅い文章で言葉にするのも良いですが、可能であれば寄せ書き風やメッセージとして柔らかい感じで言葉にするのも喜ばれると思います。

そして会社から贈る場合は柔らかい表現では無くしっかりと在職中の功績を称える文章になると思います。大きなプロジェクトの成果や顧客獲得、部下の指導などを讃える文章がおすすめで、同僚からのメッセージとは違い表彰文のような言葉を考えるとよいかも知れませんね。

退職日や退職祝いパーティにあわせ事前に準備を

表彰楯の場合、セミオーダーで作製する品物が多くなります。金属プレートを加工したり、本体に彫刻したりと何かと時間が掛かります。また、品物が決まってもデザインを決めるのに更に時間が掛かると思いますので早めに計画し決めていただくのが良いと思います。
弊社では自社工場で作業している為、短納期で発送する事も可能ですが、大事な記念品ですから余裕をみて目安として1ヶ月前には進めるのが安心です。早目に計画し皆さんで意見を出し合い最高の贈り物を作ってください。

カテゴリー: 表彰楯(盾)-関連情報, 表彰のススメ パーマリンク