スポーツ少年団必見!子供が成長する表彰のススメ。


スポーツ少年団必見!子供が成長する表彰のススメ。

スポーツ少年団必見!子供が成長する表彰のススメ。
何の知識も無いまま生まれてきた子供が少しづつ色々なことを学び成長します
幼稚園、保育園で遊ぶことを学び先生から教わった事が出来るようになって日に日に成長します。小学生になり決められた規則の中で生活し更に成長します。

スポーツ少年団はそんな成長途中子供たちが自分の好きなことを学びながら更に成長する場所だと思います。今まで親の言うことを聞かなかった子供が集団の練習で先輩や指導者の話に耳を傾け真似をするようにもなります。
サッカーや野球、バスケットボールなど好きなスポーツを教わる事でスポーツ以外の勉強も出来る良い場所であると思います

そんな成長途中の子供たちを更に成長させるのが弊社が応援している表彰ですが人は褒められたり認められると確実に成長するものと認識しております。
指摘を受け子供なりに努力し頑張る、その頑張りを認められ成長をする。その繰り返しで子供達は成長します。

どのタイミングで褒めるのが効果的か?

練習をすればするほど成長する子供達、教えればすぐに吸収する柔らかい素直な能力は計り知れないものがあります。

その子供達の能力を伸ばす表彰、褒めるタイミングをいつにしたら良いのか考えてみたいと思います。効果的な伸ばし方、効果的なタイミングをいつにしたら良いのかまず節目はいつなのかを考えてみました。

  • 季節の変わり目、春休み、夏休み、冬休み終わり。
  • 前期末・後期末
  • 年末
  • 年度末

1年の中にこれだけの節目がありますので節目を有効利用し効率よく能力を伸ばしたいところです。
そして、任意で決めた期間、例えば「○○強化期間」サッカーで例えるならば「リフティング強化期間」や「ドリブル強化期間」などで回数達成やどれくらいに上達したかなど回数などの数値で評価をしてみるのも良いかもしれません。1年を通じて項目を決めるのも手段の一つです。

ベストなタイミングでしっかり褒める事でメリハリが付き子供達の集中力も増すことと思います

なにをどこまで認めるのか?

表彰期間が決まりましたら次はどこまで認めるのか、表彰をするのかとういう基準を決めないといけませませんが子供は大人違い上位を讃えるのではなく一人でも多く讃える事が重要です。褒められれば伸びるのが子供、出来る限り讃えてあげましょう。トロフィーやメダルを授与するのが良いわけではなくお手製の表彰状でも効果は抜群ですので順位を決める評価の他に成績を讃える方法で意識と意欲の向上を目的とするのがよいかもしれません。

一人でも多く讃える方法としては、タイトルを決めるのではなく実積やどこまで行動を起こしたのかなどその子供達がどこまで出来たのかを表彰すると良いでしょう。そして、参加者全員の前で表彰することで「悔しい」や「負けない」などの意識が生まれてきます。やれば出来ると言うことをしっかり伝え表彰式を行い年間のイベント化すればきっと良い目標となること間違いありません。

弊社では「ランバイクチャレンジシリーズ」という子供達のランニングバイクのレースを応援しており、こちらの大会では子どもたちが頑張った事を称えるため10位までの表彰しております。その表彰式の雰囲気を「トロフィーや表彰楯を使った表彰事例のご紹介」でご紹介させていただいておりますが表彰される子どもたちの顔は喜びが溢れております。

言葉で褒める?それとも記念品で讃えるのか?

大人も褒められれば気を悪くする人はいませんが、当然子どもも褒められればうれしくなります。そんな子供たちには節目やイベントなどで記念品を渡し讃えてみるのがよいと思います。弊社でご紹介させていただいている「キッズ・子供たちのトロフィーや優勝カップの販売」では千円未満からご注文いただける商品をご紹介させていただいております。素材は軽い素材ですので子どもたちが持ち上げても安心の品質になっております。

このほかではメダルが非常に喜ばれており、サッカーでしたらリーグ戦、リフティング大会や卒団記念などで渡す記念品として安定した人気があります。メダルの良いところは、オリンピック選手と同じ首にかけてもらえる所、子どもたちが首にかけてもらって時の喜んだ顔が目に浮かびますね。弊社のメダル販売は「卒業記念・スポーツ大会メダルの作成販売」をご確認ください。

カテゴリー: 表彰楯(盾)-関連情報, 表彰のススメ, 表彰全般 パーマリンク