表彰楯・認定証などのエッチング加工とダイレクトプリント加工の違い


表彰楯・認定証などのエッチング加工とダイレクトプリント加工の違いエッチング加工とダイレクトプリント加工の違い
表彰楯や認定証・会員証などでよくお使いいただいている記念品として木製楯がございますが木製楯の加工方法もいろいろございます。昔から支持いただいているエッチング加工や最新技術のダイレクトプリント加工など今では加工方法もご希望によりお選びいただけます。そんな様々な加工方法のなかから今回は「エッチング加工」と「ダイレクトプリント加工」を中心にお互いの特徴を比べながらご説明させていただきます。

エッチングプレートのサンプル画像ダイレクトプリントのサンプル画像

エッチング加工の特徴

エッチング加工とは真鍮製の金属プレートの表面に凹凸を付け凹んだ箇所に色を入れる特殊技術です。昔からお客様より支持をいただいている加工方法になりますが下記のような特徴がございます。

  • 表面に凹凸が出来るので高級感があります。
  • アルミ製と比べ表面処理の技術が高く見た目の高級感がございます。
  • 真鍮製材料にメッキを施すので屋外での耐久性がございます。
  • 原稿内容(差し替え)によって価格が異なります。
  • 作成費用が高価

一番の特徴は表面に凹凸が出来ることで凹んだ部分に色を入れて金、銀だけの表現だけではなく色を使った表現が出来ることです。その反面、商品代に含まれている初期費用が高く商品自体の価格が高くなってしまいます。価格に関してはご注文個数が多くなれば比較的安価になりあまり気にならなくなります。また、真鍮材料にメッキを施して作成する為、屋外で使われるケースも多く耐久性がよい加工方法といえます。(→弊社のエッチング加工商品はこちら

ダイレクトプリント加工の特徴

ダイレクトプリント加工の商品は加工方法としては最新の技術で様々な素材に対して直接フルカラー印刷できることが特徴です。エッチング加工と比べ初期費用もなく1個の作成から気軽に作成できることも特徴のひとつになります。(→ダイレクトプリント商品にお使いいただけるデザイン素材集はこちら

  • デザインが自由自在
  • 初期費用が無いため1枚から気軽にご注文いただけますが個数が多くなってもあまり価格が下がりません。
  • アルミプレートに印刷することで材料からコストを抑えることが出来ます。
  • 作成時間が比較的短期間ですのでお急ぎのお客様はおすすめです。

ダイレクトプリント加工の商品は1枚からでもコストが安く抑えられるのでまとめて作成する表彰楯よりも1枚づつ作成する認定証や会員証などにお勧めです。また1番の特徴としてはフルカラーでの作成が可能ですのでエッチング加工などで見られる制限もなくお好きなデザインで作成が可能です。また、エッチング加工よりも加工方法が容易な為、お急ぎによる短納期での納品も可能となっております。(→1枚から作成できる表彰楯はこちら

どちらを選ぶかは内容次第

高級感を求めるならば迷わずエッチング加工ですが作成期間とコストを考えるとダイレクトプリント加工もお勧めですね。作成するコストと品質に対するこだわりなどご注文者様のご希望をお聞きし弊社よりご提案させていただくことも可能です。デザインを含め細かい情報をご提供いただければお客様に合った加工方法をご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 加工方法による違い パーマリンク