旧仮名使い、第二水準など


旧仮名使い、第二水準など旧仮名使い、第二水準など

弊社で販売させていただく商品はオリジナルの文言を刻んだり印刷したりと単純に物を販売するだけではなく付加価値をつけるものがほとんどです。個人名を彫刻し表彰状の代わりにしたり、年号と学校名を印刷し卒業記念品としてお使いいただきますが、文字の中でも個人名は少し特殊で旧仮名使いや第二水準文字などが使われている事が珍しくありません。

弊社ではご注文いただく際に文言やデザインをお伝えいただく際の方法をこちらのページでご説明させていただいております。イラストレーターデータを推奨とさせていただいておりますが、イラストレーターをお使いのお客様はまだまだ少ないのでエクセルやワードメール本文でのご入稿もお受けしております。しかしこれらの手段は文字の互換性が低いためお送りいただいた文字が弊社で開いた時に別の字変換されてしまう場合がございます。その場合、弊社で間違った文字でデザインされてしまいすのでお客様からのご指摘が必要になります。

今回は一般的にご注意いただきたい文字を具体的にご紹介しトラブルが極力少なくなるようにご説明させていただきたいと思います。

[サイト内リンク]弊社の原稿入稿の方法のページはこちらです。
[サイト内リンク]弊社のトロフィーや表彰楯の商品一覧のページはこちら

個人名などに使われる旧仮名使い、第二水準の一例

旧カナ使い文字一例

こちらの画像でご紹介させていただきました文字はあくまでも一例ですがこのような特殊な文字をお使いになりエクセルやワード、メール本文で原稿を作成しお送り頂いても弊社でデータを開いた時には別の文字に置き換えられてしまうなど正確な文字内容を確認できない場合がございます。このような特殊文字をお使いになる場合は注意書きなどご指摘いただけると正確につたわります。

また、通常の文字と比べて画数が足りないものや多いものなどは手書きなどでご説明いただいても構いません。

特殊な文字は全て対応してもらえるのか?

お客様よりご希望いただきました特殊な文字はできる限り対応させていただいておりますが特殊な文字はは書体によって表示されたりされなかったりします。ご希望いただいた書体で表示されない場合は表示される書体で代用させていただいたりまたは文字自体を弊社で作ったりして対応させていただいておりますのでご安心いただければと思います。しかしながら対応できない文字も可能性としてございますのでその場合はご相談させていただきます。

カテゴリー: 版下原稿-関連情報 パーマリンク